FSWikiLiteとは?

FSWikiLiteの元になっているFreeStyleWikiはPerlによるmodulableなWikiクローンです。プラグインによって様々な機能を追加することができます。ただし、高機能な分、通常のCGIスクリプトと比較すると動作が重いという欠点がありました。

FSWikiLiteはFSWikiほど高機能ではありませんが、機能を限定することで軽快に動作します。プラグインは一部しか使用できませんが、文法はFSWikiと完全互換です。また、FSWikiと比べると構造がシンプルな分、設置も用意です。

その他にFSWikiLiteは以下のような特徴があります。

インストール

lib/setup.plを編集し、各自の設定を行います。

FTPなどで以下のようにファイルを配置します(デフォルトの設定の場合)。

-+- wiki.cgi
 |
 +- edit.cgi
 |
 +- category.cgi
 |
 +- download.cgi
 |
 +- /lib (ライブラリを配置します)
 |   |
 |   +- jcode.pl
 |   |
 |   +- cgi-lib.pl
 |   |
 |   +- setup.pl
 |   |
 |   +- common.pl
 |   |
 |   +- mimew.pl
 |
 +- /plugin (プラグインを配置します)
 |   |
 |   +- core.pl
 |
 +- /data (ページデータが出力されます)
 |
 +- /backup (バックアップファイルが出力されます)
 |
 +- /log (ログファイルが出力されます)
 |
 +-/theme (テーマを配置します)
    |
    +- /default
        |
        +- default.css

wiki.cgi、edit.cgi、category.cgi、download.cgiのパーミッションをCGIとして実行可能なように設定します。また、dataディレクトリ、backupディレクトリ、logディレクトリはCGIから書き込み可能なパーミッションに設定します。なお、ディレクトリ構成に関してはsetup.plを編集することで任意の構造に変更することができます。

テーマに関しては現在のFSWikiLiteの配布アーカイブには同梱されていません。FSWikiのディストリビューションや、tDiaryのWebサイトよりお好みのテーマを取得してください。

編集を管理者に限定する

.htaccessを使ってedit.cgiにアクセス制限をかけます。詳細についてはそのうち。

使用可能なプラグイン

recent

更新日時順にページ名の一覧を出力します。引数で表示件数を指定できます。表示件数を省略すると全件出力します。

{{recent 10}}

recentdays

日付ごとに更新されたページを一覧表示します。引数で表示日数を指定できます。表示日数を省略すると最新の5日分を出力します。

{{recentdays 10}}

lastmodified

ページの最終更新日時を表示します。

{{lastmodified}}

category

ページをカテゴライズするためのプラグインです。引数にカテゴリ名を指定します。

{{category カテゴリ名}}

category_list

カテゴリごとのページ一覧を表示します。

{{category_list}}

引数として表示するカテゴリを指定することもできます。

{{category_list カテゴリ名}}

ref

添付ファイルへのリンクを出力するプラグインです。

{{ref ファイル名}}

ref_image

添付ファイルを画像として表示するプラグインです。

{{ref_image ファイル名}}

ref_text

添付ファイルを整形済テキストとして表示するプラグインです。

{{ref_text ファイル名}}

outline

ページのアウトラインを表示します。見出しがツリー形式で表示され、クリックするとその見出しにジャンプします。Headerなどに入れておくと便利です。

{{outline}}

search

検索フォームを表示します。サイドバーなどに入れておくと便利です。

{{search}}

ライセンス

FSWikiLiteはGNUL GPLライセンスに基づいて改変、再配布が可能です。

作成者

Naoki Takezoe <mailto:ADS28133@nifty.com>